お持ち帰り餃子専門店

健康維持の秘訣!!マルチ栄養素の餃子は完全食

今回は、餃子を栄養の面から見ていきます。
「餃子は完全食」と言われることもあるほど、餃子は栄養バランスの整った一品です。皮には炭水化物、豚肉はタンパク質、そして野菜にはビタミンが含まれるなど、餃子には、人間の身体を維持するために必要な栄養素がギュッと凝縮されています。

健康な生活を支える「五大栄養素」

私たちが元気に生活していくためには、食事からエネルギーを得ると共に、食事をエネルギーに変えたり、身体の調子を整えたりする栄養素が不可欠です。栄養素はその働きや性質から、たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンの5種類に分けられ、これを「五大栄養素」と呼びます。 五大栄養素は、食事に関する「基本」。私たちが健康で生きていくために必要なのが、これらの五大栄養素です。

五大栄養素の役割とは

次に、五大栄養素の主な役割について見ていきましょう。

  • タンパク質・・・内蔵や血液、筋肉や髪の毛などを作る
  • 炭水化物・・・エネルギーの補給
  • 脂肪・・・エネルギーの貯蔵・内臓の保護・ビタミンの吸収
  • ビタミン・・・ 体内でのさまざまな化学反応の調節や促進を助ける
  • ミネラル・・・身体機能の維持と調節

栄養素は体内でお互いに作用し、それぞれの役割を果たしています。

栄養ばっちりの餃子の栄養素?

さて、次に餃子と栄養素の関係について見ていきましょう。

生命維持に欠かせない、身体を作る働き「タンパク質」

豚肉にはタンパク質が多く含まれます。油で揚げると、余計な水分が蒸発して栄養価も凝縮します。

身体と脳のエネルギー源になる「炭水化物」|健康維持【完全食の秘訣】餃子の栄養素

小麦粉から作られている餃子の皮からは、炭水化物が摂取できます。あまりにも薄い質感では、必要な量を摂取できないことがあります。炭水化物を多く摂りたい場合は、皮を分厚い状態にして、お米や麺類の代わりに食べるのがお薦めです。
もしくは、水餃子にしてラーメンの中に入れる食べ方も、炭水化物を多く摂取したい場合は有効です。炭水化物の摂り過ぎには注意しながら、食べ方を工夫してみてはいかがでしょうか。

身体にエネルギーを与えるためには欠かせない「脂質」|健康維持【完全食の秘訣】餃子の栄養素

脂質は、豚肉や油に含まれます。餃子では豚肉に多く含まれるのですが、油脂に溶ける「脂溶性ビタミン」の吸収を助ける作用もあります。脂質は体内で作ることが難しく、食材を通して摂取していくことが大切です。摂り過ぎは良くありませんが、脂質は身体にエネルギーを与えるためには欠かせないものです。

ストレス社会の強い味方「ビタミンB1」|健康維持【完全食の秘訣】餃子の栄養素

キャベツやニラなどの野菜からは、ビタミン類もたっぷりと摂取できます。
また、豚肉には、ビタミンB1が牛肉の10倍も含まれています。ビタミンB1は、ご飯やパンに含まれる糖質の分解を助けるだけでなく、それをエネルギーに変える過程でも重要な働きをします。ビタミンB1は自律神経のバランスを整え、更年期障害や自律神経失調症の不快症状緩和を手助けする効果があります。ビタミンB1が不足すると、集中力低下や疲労感などの症状につながります。
ストレスが強い時にはビタミンB1が多く消費されてしまうので、疲れた時には、豚肉を使った餃子を摂取するのもおすすめです。

身体の働きを維持・調節する「ミネラル」|健康維持【完全食の秘訣】餃子の栄養素

多種あるミネラルの中で、餃子からはカリウムなどを摂取できます。カリウムには、利尿作用を促進する働きがあり、むくみを改善させる効果が期待できるるほか、血圧を下げる効果もあります。

今回は、餃子の栄養価についてご紹介しました。
五大栄養素をバランスよく含んだ餃子は、まさに健康維持のサポーター的存在です。ぜひ、今日から積極的に取り入れてはいかがでしょうか。

国産素材を使ったこだわり手作り餃子
名古屋市港区 お持ち帰り専門 餃子の行燈 http://gyouza-nagoya.com/

冷え性は女の敵!冷え改善レシピ、ポカポカ水餃子

冷え性は女の敵!冷え改善レシピ、ポカポカ水餃子

小麦粉をこねて薄く伸ばしたものに、ひき肉や野菜を包んだら、美味しい餃子の出来上がり!
シンプルだからこそ、アレンジ次第でいかようにもなる餃子は、実は女性の冷え症対策に持ってこいなのです。
美味しく食べて、寒い冬を元気に乗り切りましょう。

冷え(冷え性・冷え症)とは

「冷え性」とは、手や足、腰や腹部などのある特定の部分が常に冷たく感じる状態のことで、誰にでも起こりうる症状ですが、男性よりは女性に多くみられます。

冷え症になると、いくら部屋を暖かくしても、冷たく感じている部分が温まることはなく、そのまま放っておくと肩こりや腰痛、肌荒れ、体のだるさ、貧血といった不快症状だけではなく、心臓病、糖尿病、腎炎、卵巣機能障害などを起こす危険性もあります。
そのため、冷えは病気のサインと捉えられることも多くあります。

同じ読み方をしますが、「冷え性」と「冷え症」は、症状は同じでもその原因は微妙に異なります。
「冷え性」とは、運動不足や睡眠不足、食生活の乱れや生活習慣などが原因となって血行不良を起こし、身体の特定の部分に冷えを感じることを言います、
また、「冷え症」とは、自律神経が乱れていることによる血管障害による症状のことを言います。

どちらのパターンも血行不良が原因とされ、何らかの改善策が必要となってくるのですが、西洋医学においては病気と捉えられることはなく、治療のための薬は存在しません。
そのため、冷えを感じる部分を温めることが、最大の改善策とされています。

重ね着や手袋などで外からの冷気をシャットアウトできても、身体の中から温めないと意味がありません。
生活リズムの見直しや漢方などに頼るのも1つの手ですが、もっと手っ取り早く温めるのにピッタリの方法は「食事」です。
毎日摂る「食事」に体を温める食材を取り入れて、効果的に冷えを撃退しましょう。

冷え症改善、疲労回復、新陳代謝回復に餃子パワー

一般的に、体を温める食材としてニンニクや生姜は有名ですが、これらは単体で摂るよりも、他の食材と合わせることで、冷え性改善に絶大な効果を発揮します。

特にオススメな食材は、豚挽き肉・白菜・ニラ・ゴマ油などです。
ニラにも体を温める効果があるので、積極的に摂るといいでしょう。
豚挽き肉に含まれるビタミンB1は、白菜に含まれるビタミンCや、ニンニクに含まれる硫化アリルと一緒に摂ることで、それぞれの吸収効果が高まり、冷え性の改善や疲労回復に効果的です。

たくさんの食材をまとめて摂ろうと思うと、品数が多くなったり、調理の手間がかかり、毎日摂るのが面倒になってきます。
一度で手軽に摂りたいなら、餃子がオススメです。食材を混ぜ合わせて包んでしまえば、できあがり!
焼いたり蒸したり、お鍋にも使える餃子は、時短料理であるうえに、お手軽に冷え性改善ができる万能おかずです。
手間をかけて料理を作るのが面倒な人や、それでも冷え性を何とかしたい人には、この上なくオススメです。

冷え症改善にはコレ!ポカポカ水餃子

 

基本的な餃子の具材は、豚挽き肉、ニラ、ニンニク、白菜などですが、お好みで色々な食材を合わせれば、あなただけのオリジナル餃子が出来上がります。

暑い夏には、さっぱりとしたシソを入れてみたり、秋にはキノコを入れて香りを愉しんだり。
冷えが気になる冬には、すりおろした生姜をたっぷりと入れて、体を中から温めたり。
色々な具材を試してみたら、次は食べ方も変えてみてはいかがでしょうか。

餃子といえば、王道はやはり焼き餃子という方も多いですが、寒い冬はもっちもちの水餃子がオススメです。
茹でてタレをつけて食べるだけという手軽さも、ありがたいですよね。
タレを一工夫すれば、アレンジは無限に広がります。
お手軽にポン酢で食べるも良し、食べるラー油をかけるのも良し、未知なる味を求めて新たな食材を使ってみるのも良しと、楽しみ方はあなた次第です。

また、お好きな味のスープをベースにして、スープタイプの水餃子を楽しむこともできます。
餃子と一緒にキャベツや人参、もやし、ネギなどの野菜を入れたり、しめじや舞茸などのキノコを入れるのもいいでしょう。
豆腐や油揚げを使えば、和風な感じに仕上げることもできます。
温かいスープで餃子を食べて、身体の中からポカポカ温まりましょう。

餃子を食べるということは、野菜を一度にたくさん食べられることになります。
冷え性を改善しながら、食生活まで改善できるとは、なんてありがたいのでしょう!

餃子が冷え性改善に効果的なのは、言うまでもありませんよね?
お肉と一緒に包んである餃子なら、野菜が苦手な人でも抵抗なく食べられるはず。
この冬は賢く手軽に冷え性改善に取り組んで、元気に春を迎えましょう!

国産素材を使ったこだわり手作り餃子
名古屋市港区 お持ち帰り専門 餃子の行燈 http://gyouza-nagoya.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします